2011年12月31日

THX and C U

ドラムを叩いていると「廃材」も産み出してしまう。ドラムスティック。折れてしまうと単なる廃材になってしまう。でもドラムを叩く上では絶対に必要なもの。ここ2年で使ったスティックを捨てずに取っておいたら、15ペア・30本になった。

Used Sticks

パッキリ折れてるもの、削れて今にも折れそうなもの、先端のチップが欠けてちゃんとした音が出なくなったもの…その姿はいろいろだけど、もう普通に叩くことはできない。多分自分は叩き方がよくない部分があって人一倍削れ方とか折れ方が早いと思う。ミッシェルの曲やってた時なんか折れるペースがひどかった。メイプルを使ったスティックなんか数回のスタジオで綺麗に折れたり。

何かに使えないかなーと思ってたら、折れたスティックを回収して小さなストラップに作り替えてるところを見つけた。ECO MUSICでは、折れたスティックとか割れたシンバルなんかをストラップとかアクセサリにして再生させている。ペットボトルを使ったピックなんかも。

↓UNLIMITSのツアーグッズになった例。携帯ストラップ。iPhoneとカバンに付けてる。

UNLIMITS Strap

2本が何かの拍子にぶつかると、可愛い木の音がする。
木材は再生の道がいろいろあると思うけど、ドラムスティックはもともとが細く加工されたものだから何にでも姿を変えられるわけではないと思う。燃やせば燃料にはなるかもしれないけど、ドラマーとしては正直抵抗がある。こうやって、また身近なものに変わってしかもアクセサリ的に愛でるものだから、第2の使われ方としてはいいものだと思う。実際にドラムから音を出さなくても、小さな幸せな音を奏でてくれる。

溜まったスティックはそのうちECO MUSICに送る。見てみるといろいろ使ってるなぁ。シンディブラックマンが2種類、カーマイン・アピス、ラルクのyukihiro、臼井かつみ、スタントン・ムーア…。臼井かつみモデルとか使いやすかったんだけどなー。

-------

2011年が終わるけど、今年だけで30曲近くの曲を叩いた。気持よく叩けた曲もあれば、全然練習不足だった曲も。そんな稚拙なドラムでも、叩かせてもらえているバンドメンバに心からありがとうを言いたい。3つのバンド全部が来年すぐにライブを控えているし。まだまだ未熟で迷惑をかけまくってるけど、これからも楽しく叩かせてもらいたいなと。
レコーディングで誘ってもらったシャボン、AVANTIでセッションしていただいたメンバの方々、対バンしたバンドの方々、ライブを見に来てくれたお客さん、師匠の大将、レコーディングとかスタジオでお世話になったエマージェンシーの小川くん、そしてエマージェンシーというすばらしい場所を提供してもらっている松井さん。音楽でつながった皆さん、本当にありがとう。自分がバンド活動できているのもいっぱいの人に助けられてワガママをきいてもらっているおかげだと思う。いっぱいの感謝をここに。ありがとう。

-------

ということで、また来年も楽しみながらドラムを叩きたいと思う。やりたいこともいっぱいあるし、企画してることもいくつか。自分のやれることで、みんなで楽しめることができたらいいなと。ということで2012年もよろしくお願いします。
posted by いた at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

ライブ告知 -I.T.A. Rock Fes. Vol.4-

来年2月だけどライブの告知を。

ITARockVol4

I.T.A. Rock Fes. Vol.4
2012/2/4 Sat
Toyohashi OrangePit
16:30 OPEN / 17:00 START
Charge FREE!

ACT:
1. mucica
2. さくさくパンダ隊
3. maximum overdrive
4. Epstein
5. Bubble Slime
6. SALADBOWL

自分はBubble Slime と SALADBOWL で叩く。連チャン…。Bubbleは結成当時にやってたあの曲を久しぶりに演る予定。
お近くの方はぜひ!

翌週にも別のライブを。それはまた別のエントリーとして告知します。
posted by いた at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

Superfly Arena Tour 2011 "Shout In The Rainbow!!"@日本ガイシホール

Superfly-ShoutInTheRainbow

12月10日・11日と日本ガイシホールでのSuperflyのライブを見てきた。
Superfly初のアリーナツアー。大きいホールでやるならセンターステージを作りたいという、越智志帆念願の花道まで準備されたステージレイアウト。思えば最初にSuperflyを見たのは、2007年のell FITS.ALL。手が届きそうな距離でみていた越智志帆、今回はガイシホールの大きなステージをめいっぱい駆けまわっていた。

1曲目は「タマシイレボリューション」。ホーンとか入ってるとすごく楽しい曲。思わずドラムを見てしまうけど。「Ain't No Crybaby」、「孤独のハイエナ」は久しぶりに聴いた。アルバムツアーではないから、いろんな時期の曲をやってくれてたと思う。「Fly To The Moon」とか「Roll Over The Rainbow」とか気持ちいいし、「愛と感謝」の大合唱もさすがアリーナって感じの迫力。

今回はコーラス隊とホーンセクションも入れて17人編成のバックバンド。コーラスには、大日向治子、有坂美香とかいるし贅沢な面子。で、そのコーラス隊の声も十分に活かしたセットリスト。聴いていて楽しいし、中盤の3曲は本当に声に惹き込まれて泣きたくなるくらい。
映画「天使にラブソングを」で歌われていた「Hail Holy Queen」。包まれるようなゴスペルパートとポップに歌われれるパートが、映画の中でも教会で楽しく歌ってたけど、まさにそんな感じ。続く「あぁ」も、「I Remember」も、今まで聴いてきた中で一番カッコよく優しく聴こえた気がする。「I Remember」はコーラスで「A Natural Woman」も差し込まれてアレンジもカッコよかったし。とにかくこの3曲は今回のツアーでしか聴くことができない3曲。そう想い入れのある曲ではなかったけど、すごく聴けてよかった。

「愛をこめて花束を」はやっぱり名曲。「My Best of My Life」も想い入れがあって、このタイミングで聴けたことがすごくうれしい一曲。
それから「マニフェスト」、やりたくなった。

<SetList>
01. タマシイレボリューション
02. Fly To The Moon
03. Wildflower
04. Ain't No Crybaby
05. 愛をくらえ
06. 孤独のハイエナ
07. Only You
08. 愛をこめて花束を
09. Hail Holy Queen
10. あぁ
11. I Remember
12. Roll Over The Rainbow
13. Rollin' Days
14. Alright!!
15. Free Planet
16. Beep!!
17. Dancing On The Fire
18. マニフェスト

Encore
01. My Best Of My Life
02. 愛と感謝
03. Hi-Five

-------

越智志帆が「ライブの間、ずっと楽しくて笑ってしまう」ようなことを言ってた。そう感じながら音楽をやれること、ライブをやれることってすごく羨ましい。音楽って、楽しくないとダメだと思う。バンドやることって楽しいと思ってやらないと上手くいかないとも思うし。歌うこと、楽器を演奏することが楽しいから、みんなでそのメロディと時間を共有できるから、形を作ることができるんじゃないかと。その想いは十分にSuperflyの音楽に反映されてるし、自分たちもそんな想いで音楽をやっていけたらいいなぁと。

いっぱいSuperflyの曲をバンドでやってみたくなった。そんな話もしつつ…
posted by いた at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。